39アートin向島

6.鈴木麻弓写真展「THE RESTORATION WILL 」/Reminders Photography Stronghold

日時:3月4日(土)-26日(日) 13:00-19:00

[オープニングレセプションおよびアーティストトーク] 3月11日(土) 18:00-

場所:Reminders Photography Stronghold/東向島2-38-5 MAP [D]

参加費:無料

予約:不要

WEB:http://www.reminders-project.org/

連絡先:stronghold@reminders-project.org

“写真館を営んでいた両親は、2011年の津波で亡くなりました。生活の場であり、仕事の場でもあった写真館の跡地には、父の使っていたレンズ、泥だらけになったポートフォリオ、私たちの家族写真などが残されていました。それらを両親からの遺言のように感じ、丁寧に拾い集めました。

ある日、私は拾ったレンズで町の景色を撮ってみようと試みました。暗くぼんやりとして画像で、それはまるで亡くなった人たちが見ている景色のようでした。私にはこれらの写真をとることで、死界と現界がつながるように感じるし、二度と会えないであろう両親と対話しているような気持ちになれるのです。

また、拾い集めた私の家族写真は津波のダメージを受けて白くなり、父が撮影した肖像画も画像の多くを失っています。それは町が受けた傷跡や私自身が負った心の傷に似ています。

これらの写真の復元を試みることで、両親の遺志をつかみ取ろうとしています。

My parents, who a owned photo studio, went missing after the 2011 tsunami. Our house was destroyed. It was a place for working, but also for living. I grew up there. After the disaster, I found my father’s lens, portfolio, and our family album buried in the mud and the rubble.

One day, I tried to take a landscape photo with my father’s muddy lens. The image came out dark and blurry, like a view of the deceased. Through taking it, I felt I could connect this world with that world. I felt like I could have a conversation with my parents, though in fact that is impossible.

The family snapshots I found were washed white, the images disappearing. The portraits taken by my father were stained, discolored. These scars are similar to the damage seen in my town, similar to my memories which I am slowly losing.

I hope to retain my memory and my family history through this book. By arranging these photos, I have attempted to reproduce it.”

6.鈴木麻弓写真展「THE RESTORATION WILL 」/Reminders Photography Stronghold